fc2ブログ
スズラン便り

娘来宅

ここ2,3日、家族が先生とお会いして話を聞いていないことに対して、なんとなくもやもやしていてどうしたらいいのか、先生に特別会いに行かなくてはいけないか?こんな高齢なのに家族はどう思っているのか?と思われたり、いろいろなことが頭の中を巡って夜もよく眠れない。娘にも電話で話したが承諾書を出しているのだから良いのではない?と言ってくれて、何があっても仕方のないことだし、このままにしておくことにした。

今日は孫が東北の研修旅行にカメラを貸してあげたらお土産を持って娘と共に来て昼食を一緒にと言ってお寿司を買ってきてくれて4人で食べた。旅の話も聞き、私のOPのことにもなり、娘に色々な書類を見てもらった。万が一何かあったらよろしく、貴重品、書類のあり場所などを三人に話す。遺言みたいねと言われるがこの歳です。麻酔から覚醒しないかもわからない。急に呆けるかもわからない。思い残すことのないように話しておかなくてはと思った。
この年齢で配偶者も高齢なのに本当に手術をしてよいのだろうか?半信半疑の気持ちもあるが自分が決断したんだからやらないといけないとも考える。歳だから考えることなのでしょうが・・・
スポンサーサイト



スズラン便り
Posted byスズラン便り

Comments 0

There are no comments yet.