fc2ブログ
スズラン便り

生きる?

いつもお世話になっている先生が癌の告知を受け約2年半になる。最近では健忘症というのか自分が言ったことを忘れたり、聞いたことを忘れたりすることが多く、教室のお稽古日もわからなくなる。面と向かって話しているときは普通にできるのに1時間も経たないうちにまた訊かれる。

昨日、今後のことについて話し合いましょうかと言って時間をとった。
このような状態で教えることができるのか心配で本部の先生も身体状態を聞いたり、話したりされたが私は元気で今までどおり出来ますからやりますと言われる。
手足のしびれや足の腫れなどもあり靴も履けない。食事も食べていると言われるが体重は30数キロで本当に細くなられた。
私はこのお稽古が生きがいだと言われる。少し入院でもして点滴をしてもらったら楽なのでは?と言っても私は大丈夫、入院はしたくないと話される。
きっと今の身体状況を受け入れたくないと言う気持ちが強いのか、意地なのか周りの人への関心が薄らいでいるように見受けられる。お体を心配して少し休まれては?と言っても私は普通で大丈夫を連発される。

誰がなんといっても聞き入れてもらうことは無理のようです。
お気の済むようにやってもらってついて行くより仕方なさそう。人の生き方は各々ですからこう言う生き方もあると教えられた1日でした。
スポンサーサイト



スズラン便り
Posted byスズラン便り

Comments 0

There are no comments yet.